読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ヒステリー

結局の所,ヒステリーを起こす方がとても苦手なのだと思う.
普段はある程度会話が成立するのに,予期せぬタイミングで爆発する.爆発の影響は表面的には表れなくても,以降ずっと尾を引き,爆弾処理をしている気分になる.それはとても神経を使う作業で,容易く心を削り取る.彼ら彼女らは,少なくとも僕にはどうしようもなく,本質的な変化は絶対に望めない.絶対に,だ.例外は知らない.
時々,ある程度頭の回る方でかつそれに該当する方がいて,ご自身の振る舞いを様々な形で正当化し,社会的な優位に立つための手段として使ったりする.分かりやすく言えば,パワハラは効果的な使い潰しの手段だ.
人間は自分の体から何か出る時に快楽を感じる,という話もあるけれど,そうして我儘を言い,ゴネれば周囲がその分の損失を補充してくれる,という戦略を僕は正当化したくない.
僕はそれに耐えられない.もう耐えたくない.二度と近づきたくないし,自身の手綱を握れない方,握ろうとしない方からは高速で離脱したい.あるがままでいいなんて結果論だ.
削れた心のあるべき場所に何があったかなんて,それらの後では知ることはできないんだ
(勿論,守破離的なプロセスは別の話としてある)(またこれらへの確執のために,他の大切なものをスポイルしないよう気をつけたい)(いつかこれらから解放されたらいいなぁ)